So-net無料ブログ作成

ベッジ・パードン@世田谷パブリックシアター [舞台]

fly_p_110606_bedgepardon_l_pm_poster_2.jpg
■驚異的なクジ運で今年三谷幸喜の芝居三本目。芝居トータルでは今年四本目。出不精の私としてはかなり芝居を見てる方。

■劇場は今回初めての世田谷パブリックシアター(三軒茶屋)。収容客数が多い割にコンパクトな劇場で、安い席でも舞台がよく見えるようデザインされている。しかしその分安い三階の席とかはかなりな高さなので、高所恐怖症の人にはオススメできないし、ましてやこのご時世、上演中に地震でも起きてしまったらシャレにならん。311以降、いろんなことが変わってしまったなあ。

■舞台自体は今年の三谷さんの中では一番好きかも。過去の物と比べるのは記憶が曖昧なので…。ロンドン留学中の夏目漱石の話なのだが、脚本の練れ具合は今年一番だと思う。パンフによると原案はもっとシニカルだったのだが、311で一旦チャラにして一から練り直したそうな。

■で役者が野村萬斎、深津絵里、大泉洋、浦井健治、浅野和之と芸達者ぞろい。特筆すべきはやっぱ、深津絵里・大泉洋・浅野和之。大泉洋は「三谷幸喜が思っている大泉洋」そのまんまの究極の当て書き。浅野和之は前代未聞の一人十一役(人間以外も含む)。しかもそれがストーリーのフックにもなっているという凄さ。そして深津絵里はまるで異次元の人間のようなコメディエンヌぶり。愛しすぎるぞ!

■結末はまさかの三谷舞台初めての大泣きになってしまった。笑いすぎて泣くことは三谷舞台の場合よくあるのだが、ホントに切な過ぎて…。

■いい脚本、演出、充実の役者陣と時間を過ごせた、間違いなく今年過ごした中での一番幸せな時間。あれなら5時間続いてもいい。必見。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0