So-net無料ブログ作成

アオハライド [映画]

poster2.jpg

■2014/12/13鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年70本目(WOW)の邦画36本目。複数回観てる映画があるというものの、一年で100本観るというのはやはりオレには無理だなあ。今年も観れてあと数本か。

■この映画、三木孝浩監督。そう、オレがボロクソにけなした『ホットロード』の監督さんです。「どの面下げて映画観に来てるんや!」という人はいないとは思えないけどごく少数だと思うので、勝手に映画の感想を書きます。

■咲坂伊緒という人の同名の少女漫画が原作。当然未読です。「アオハライド」というのは、アオハル=青春に、ライド=乗るという意味の造語らしい。イマイチピンと来ませんが。主演は本田翼と東出昌大。東出くんはともかく、本田翼は『ニシノユキヒコの恋と冒険』でも書いた通り苦手な女優さん。

■「がさつ」をわざと演じて女友達に気を使い過ぎな高校生・双葉(本田翼)。そこに転入してきた中学時代の同級生・洸(東出昌大)が突然現れる。それをきっかけに、同じクラスの生徒たち(新川優愛、吉沢亮、藤本泉)とも仲良くなって結束したように見えたが、中学の時に両親の離婚で長崎に転校し、そこで母(岡江久美子)が病死したことが洸の大きな心の傷となっていた。そこに洸を慕う中学時代の同級生・唯(高畑充希)が現れ、という。

■ネタバレしても問題ない話なのだが、あらすじ書いてて気恥ずかしくなってきたのですいません。基本的におっさんに感情移入して観ろというのが無理な話です。まあ、じゃあ観るなだよな。でも、『ホットロード』よりはきちんと観れました。これはおそらく、脚本の吉田智子さんがちゃんと仕事をしたおかげだと思う。

■俳優陣。本田翼と東出昌大が並び立ってるのが映画のポスターにもなってる訳だが(ポスターのビジュアルは結構いいと思う。本田翼の足の踏ん張り方とか)、この二人、特に東出くんは高校生というのにはさすがに無理がある。映画デビュー作『桐島、部活やめるってよ』の高校生役はすごく印象に残ったし、あれから2年しか経ってないけど、20代後半の彼の実年齢としては結構キツイと思う。そろそろ解放してあげてください、関係者の方。高畑充希は良かったな。この人もめんどくさい女子を演じさせると非常に上手。面白いのは、朝ドラ『ごちそうさん』で兄妹役だったのに、東出くんに恋する同級生というところ。

■劇場ではおそらく東出くんファンと思われる女子高生が中心で、おっさんは非常に肩身が狭い思いをした。でも公開週の興収ではなんと『ゴーン・ガール』をも上回り1位(!)だったそうなので侮れません。興味を持たれた方はどうぞ。

■ところで、金子修介監督はこの映画が気に入られたそうだ。日曜の衆院選後のツイートなので半ばヤケクソだが(笑)。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0