So-net無料ブログ作成

ヒメアノ~ル [映画]

img_0_m.jpg

■ジャニーズの人が入っている映画ポスターをアップしようとすると、非常に困難なのは以前にも書いた通り。今回も探しました。そろそろネットでの自社タレントの画像アップを禁止するというのは、時代に合ってなくないですかジャニーズさん。でももしクレームが来たら速攻で画像は削除するというチキンなわたくしですが。2016/5/28鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年67本目の邦画31本目。

■原作は古谷実さんの同名漫画。古谷さんの作品は『行け!稲中卓球部』というシュールなギャグ漫画が代表作だけど、映画化された大傑作『ヒミズ』以降はかなりダークな作品が多い。吉田恵輔監督の作品は、佳品『麦子さんと』に続いて2本目。

■ビル清掃会社でアルバイトとして働く岡田(濱田岳)は、先輩アルバイト・安藤(ムロツヨシ)が思いを寄せるユカ(佐津川愛美)との橋渡しを頼み込まれ、ユカの働くカフェに連れられて行く。そこで偶然、高校の同級生・森田(森田剛)と再会する。かつてはいじめられっ子だった森田は恐るべき変貌を遂げていた。恋仲になったユカに森田がストーキングしていることを相談される岡田。サイコキラーと化した森田に対峙せざるを得なくなるが。

■濱田岳は毎度おなじみの安定感のある演技力。ムロツヨシもいつもながら上手だし、何と言っても森田剛が怖すぎる。実年齢では10歳違う森田剛と濱田岳が同級生というかなり無理な設定も軽く乗り越えてしまっている。これもどっかの映画賞で主演男優賞を獲ってもおかしくないレベルの演技。この人もジャニーズなのに毒性が強いな。なお、佐津川愛美は、ちょっとエロい普通の女の子という設定で、実際結構エロかった。

■残忍なシーンが多いのでR15+指定になっているが、原作漫画の内包する底知れぬ不気味さを映画で描ききれてなかったような気がする。あと、最後を少し綺麗にまとめてしまったところも残念。もっとぶった切るようなエンディングで良かったのではないかな。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 2

non_0101

これは根性を出してチャレンジすることにしました。
ブログに書けるかどうかは不明です☆
by non_0101 (2016-06-12 23:27) 

sochi

non_0101さんはバイオレンス物とか、苦手そうですもんね。
ブログは書かなくてもいいけど、感想をこっそり教えてください(笑)。
by sochi (2016-06-13 22:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 3