So-net無料ブログ作成

関ヶ原 [映画]

DJb6bgqV4AIxVGZ (1).jpg

■2017/9/2鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年73本目の邦画26本目。

■原田眞人監督の映画はまあまあ久しぶり。司馬遼太郎の小説は一時期夢中になってかなり読んだが、全部読破してしまうと老後の楽しみが減るので、この原作小説も含めていくつかは未読。時期的には昨年の大河ドラマ『真田丸』と重複しているが、『真田丸』では関が原の戦いそのものは驚愕の全カット(笑)だったので、予算のある映画ではどうなるかなと思い観ることにした。

■関が原の戦いそのものは、義務教育の教科書にも載っている話なので詳細には書かないけど、秀吉(滝藤賢一)亡き後の豊臣家をもり立てようとする、石田三成(岡田准一)率いる西軍と、天下取りを目論む徳川家康(役所広司)の東軍との決戦。戦の前に三成を影から支える忍び・初芽(有村架純)。

■キャスティングはハマる人はハマっている。岡田准一・滝藤賢一。そして三成の盟友の島左近(平岳大)がピッタリ。小早川秀秋役の東出昌大も、線の細いところがこちらもピッタリ。

■ただ、役所広司は日本で一番上手な俳優さんの一人であることは間違いないのだが、家康役は『真田丸』の内野聖陽の方が良かったかな。あと、有村架純は忍び役としてはちょっと可愛過ぎ。もっとスレたイメージじゃないと。まあオレが毎日『ひよっこ』見てるせいかも知れないけど。

■合戦シーンとかは流石に映画で迫力があるし、まあまあお薦めです。しかし石田三成って、『真田丸』の山本耕史もそうだったけど、正しいこと言ってるのに絶望的に人望がないのね。やはり、目的が正しくても方法論が間違ってたらダメだってことか。

■そろそろ原作小説を読もう。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント