So-net無料ブログ作成

亜人 [映画]

9e2fec21da2feaf9 (1).jpg

■2017/10/1鑑賞@109シネマズ川崎。今年84本目の邦画31本目。

■結構前のことなので忘れている方も多いと思うが、邦画実写の歴代興収第1位は『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』なのです。興収は173.5億円。昨年大ヒットした『シン・ゴジラ』が82.5億円なので、どれだけすごい数字かは分かっていただけるかと。もちろん競合や時代背景もあるので一概には言えませんが。『踊る』は確か公開直後に映画館に行った記憶があるのだけど、終了後観客がみんな拍手をしていてビックリした。映画を観に行ってそんな体験をしたのは現在のところその一回だけです。そしてその映画の監督が今作の本広克行監督。

■前フリが長すぎました。原作は現在も連載中の桜井画門の同名漫画。未読。すでに劇場版でアニメ版が3部作として上映されているがこちらも未見。なので事前情報ほとんどなし。

■妹・慧理子(浜辺美波)の難病を治したいと、医者を目指した研修医の永井圭(佐藤健)は、交通事故でトラックにはねられ即死するが、即時に復活したので「亜人」と認定され厚労省の保護下に置かれる。「亜人」とは十数年前に発見された死なない人間のことであり、日本では圭が3人目に確認されていた。だが保護とは名目で、残虐な人体実験を繰り返され限りない苦痛を体験させられてきた。

■厚労省管轄下の「亜人研究所」に束縛されている圭のところに、亜人の一人目・佐藤(綾野剛)と二人目・田中(城田優)が圭の奪還に現れる。亜人研究所の担当者・戸崎(玉山鉄二)と対峙しつつ脱出は成功に思われるが、人間を残虐に殺す佐藤の態度に圭は違和感を持ち、最後に佐藤と対峙して独自に逃げ出す。

■佐藤の要求はエスカレートして、「亜人の自治区を区内に作れ。でなければ細菌テロを起こす」と政府に宣告する。逃亡していた圭は、対峙するべきだと思い戸崎に協力を申し入れる。

■だいぶあらすじを書き過ぎた感じで大変申し訳ございません。でも、とても面白いです。尺も長くないし(109分。またかよ)、身体能力がともに高い佐藤健と綾野剛のアクションには何も文句を付けるところはありません。その他にも、慧理子役の浜辺美波はもっと売れて欲しいし、戸崎のボディガード役で実は亜人の下村(川栄李奈)のダークスーツに白ワイシャツ、というのは、『SP』での真木よう子の役割を引き継いでるのかなと思って笑った。

■あえて難癖を付けるとしたら、綾野剛の台詞回しがとても芝居がかってた所かな。原作もアニメも観てないので何とも言えないが。あそこが調和を壊してた気がする。綾野剛ってそんな下手な俳優じゃないもの。

■確かにB先輩に指摘されたように、「リセット」は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』に似てるし、亜人が追い詰められると黒い霧(IBM。またか:笑)を出すのは『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』はあるんだけど、これはこれとしてすごく面白い。

■本広克行監督は大ファンというわけでもないが、『幕が上がる』とかは好きでした。またもっと活躍して欲しいです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント