So-net無料ブログ作成

今夜、ロマンス劇場で [映画]

e34c9b730ea04423 (1).jpg

■2018/2/10鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年9本目の邦画5本目。

■あらかじめ書いとくと、ベタベタな恋愛映画です。でも日本映画の最盛期に観客として接することが出来なかったオレたち1960年代生まれとしては愛おしい映画。

■もうすでに映画が斜陽産業と化していた1960年代後半。映画会社の助監督・健司(坂口健太郎)は、日頃の鬱憤を晴らすために撮影所近くの名画座「ロマンス座」にしょっちゅう通っていた。健司が好きなのは、昔上映されたモノクロ映画の主人公のお姫様・美雪(綾瀬はるか)。しかしそのフィルムが売却されることになり、ロマンス座での上映が叶わなくなる最終上映の日、美雪が画面からモノクロームのまま、健司の前に実体として出現したのだった。

■以下はストーリーは書きません。綾瀬はるかを思い切りオードリー・ヘップバーンに擬した演出も冴えてる。坂口健太郎の純情助監督もいい。昔あった素敵な夢をずっと観させてくれるような。

■オリジナル脚本と聞きすげえな、と思ったけど、ちょっと脚本のツメが甘すぎる。美雪はメイクするだけでフルカラーになったの?とか、健司の下宿に居候している美雪の衣装(衣装部から借りっぱなし?)と生活費は薄給(たぶんね)はどうしてたのか、とかね。

■オチはこの手の映画としては以外なんだけど、まあ明かすまい。健司の晩年を演じた加藤剛さん、素晴らしかったです。

■とても素敵な映画でした。実際ヒットもしてるし。でもね、脚本の整合性はもっと練ってもらいたかった。折角のロードショーなんだから。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント