So-net無料ブログ作成

ランペイジ 巨獣大乱闘 [映画]

61c58ddd274b529c (1).jpg

■2018/5/19鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年41本目の洋画26本目。

■予告編やTVCMがあまりにバカ映画っぽくしているので観てみた。邦題のタイトル自体バカ映画を煽っているのは明らか。それは別に全然いいんだけどね。

■大企業の陰謀による、遺伝子実験の失敗によってゴリラ、オオカミ、ワニの3頭が巨大化し、凶暴化してしまう。巨獣たちはやがて大都会シカゴへと到達し、街中で破壊活動を尽くす。

■飼育元の動物公園にいた動物学者・オコイエ(ドウェイン・ジョンソン)はそれに立ち向かおうとして仲間とともに奮闘する。まあ、超マッチョのドウェイン・ジョンソンが動物学者という設定に無理があるけど、後で元特殊工作員と明かされる。実際にアメリカ国内の動物学者で元特殊工作員の奴なんかいねーだろ!とツッコミどころ満載。

■娯楽映画としてはまあまあ面白かったですけどね。同じパニック映画の『シン・ゴジラ』とかと比較したら脚本が雑すぎ。もちろんそんなところは狙ってないとは思うけど。あと、ドウェイン・ジョンソンは、元プロレスラーというキャラが立ちすぎなせいもあって、『ワイルド・スピード』シリーズ『ジュマンジ』でも映画の印象がワンパターンな感じが強い。

■まあまあ面白かったので、あとはレンタルか配信でどうぞ。

nice!(5)  コメント(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント