So-net無料ブログ作成

銀魂2 掟は破るためにこそある [映画]

691fa499eac3befb (1).jpg

■2018/8/20鑑賞@109シネマズ川崎。2018年70本目の鑑賞で邦画32本目。

■深夜ドラマの帝王(『勇者ヨシヒコ』シリーズとか)として、ドラマ好きにはその名を知られていた福田雄一監督だけど、この映画の前作『銀魂』が商業的に初めて成功した作品と言われている。もちろんそれまでも『HK/変態仮面』とかの面白い作品も出していた訳だけど。それ以降の福田監督は飛ぶ鳥を落とす勢いで、『斉木楠雄のΨ難』『50回目のファーストキス』などのヒット作を連発。ついには2018年の秋ドラマ『今日から俺は!』もヒットさせてしまった(この映画よりあとの話だけど)。

■続編なんだけど、完結したらしい原作漫画(未読)が大長編らしいので、また別のエピソードが原案になっているようです。万事屋の坂田銀時(小栗旬)とその弟子(?)新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)を中心に、福田組のムロツヨシ、佐藤二朗に加え、長澤まさみ、柳楽優弥、三浦春馬、吉沢亮、中村勘九郎などなど、無駄ではないかと思うくらいの豪華キャスト。大河ドラマの主演やら朝ドラでブレイクしたイケメン俳優まで入っとるやんけ!(注:書いているのは2019年9月です)

■真選組局長(中村勘九郎)の暗殺計画と、高杉(堂本剛)率いる鬼兵隊の幕府転覆計画に対し、銀時たちはどう立ち向かうか、という話。前作が大ヒットしたので予算もおそらく増えており、アクションもVFXもスケールアップしていて、面白いことは面白いんです。

■ただ福田監督の悪い癖というか、パロディやおふざけの比重が前作より高すぎて、全体としてのバランスが崩れている気がする。そりゃまあ『踊る大捜査線』のエンディングのパロディとかは大笑いしたんだけど。

■ちょっと今後はバランスに配慮してくれればいいと思う。でも『今日から俺は!』みたいな8割おふざけも面白かったりするので、困ったもんだ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント