So-net無料ブログ作成

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男 [映画]

128029d9be78b54d (1).jpg

■2018/9/9鑑賞@TOHOシネマズ川崎。2018年76本目の洋画41本目。

■この映画の公開当時は、日本人として初めて大坂なおみが全米オープンで優勝したこともあって、日本国内はちょっとしたテニス熱で沸き立っていた。が、オレのような1960年代生まれの人間にとっては、天才ビヨン・ボルグと悪童ジョン・マッケンロー(どうでもいいが元妻は女優テイタム・オニール)の方がもっと記憶に残っている。中学の頃ソフトテニスもやってたし。この映画はその二人の実話ベース。

■ウィンブルドン5連覇がかかったボルグ(スベリル・グドナソン)。冷静沈着で知られる彼も、プレッシャーの中で自らのペースを乱しつつあった。それに挑むのがマナーの悪さで有名な「悪童」マッケンジー(シャイア・ラブーフ)。自分にはボルグのようなお高く止まったプレーは無理と、開き直って挑む。そして二人は決勝で激突する。

■主演二人のモデルへの寄せ方がハンパないし、ゲームのシーンも迫力がある。特にテニス好きの人は楽しめると思う。ただ後半に行くにつれてやや単調になっていくのが残念といえば残念。

■定額制配信サイトでは流れてないようなので、ご覧になりたい方はレンタルで。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント