So-net無料ブログ作成

ブレードランナー ファイナル・カット [映画]

ad9727637f48eaad (1).jpg

■2017/10/15鑑賞@チネチッタ。今年87本目の洋画55本目。

■2017/10/28公開の『ブレードランナー 2049』の復習というか予習のために、映画館で2週間限定上映という話を知り観に来た。家にDVDとBDはあるし複数回見返しているのだが、念のために。正解。やはりかなりの部分を忘れていた。

■この偉大過ぎるSF映画の感想をいまさら書くのも憚られるので、あらすじだけ。西暦2019年(再来年だよ!)のロサンゼルス。人間そっくりの人造人間「レプリカント」を宇宙での重作業に就かせている政府。しかしレプリカントは反乱を起こし、複数のレプリカントが地球に潜入して破壊活動を始める。職を辞したはずの凄腕のブレードランナー・デッカード(ハリソン・フォード)は上司の命令でレプリカントを追跡させられることになる。

■以下は雑文調で気になったところを書きます。
・この映画は劇場公開されただけで3バージョンあります。オリジナルと『ディレクターズ・カット』、この『ファイナル・カット』の3バージョン。細かい描写が異なっているので、ファンの間では「デッカードも実はレプリカントではないのか?」という疑惑まで浮かんだ。リドリー・スコットは正解を明らかにせず面白がっていたみたい。
・ヴァンゲリスの劇伴が今聞いても最先端。『炎のランナー』や『アンセム』など、人の心を凄くとらえる作曲家だと思う。
・1982年当時では、VFX/CGの技術が今よりも全然自由が効かなかったはずなので、あれだけの圧倒的な映像を見せつけてくれたリドリー・スコット監督は凄いな。特にシド・ミードがデザインしたと言われる「タイレル・コーポレーション」の本社。ピラミッドを模してデザインされたらしいけど、すごく人手とお金を掛けて実際にモデルを造っただろう、というのは想像に難くない。
・改めて観ると、デッカード(ハリソン・フォード)よりもレプリカントのヘッド、ロイ(ルトガー・ハウアー)の方が全然存在感あり。

■いやいや、やはり傑作でした。その30年後にすごく興味がある。アメリカでの公開がコケようがどうでもいいわ。前作も最初の公開ではコケたらしいし。

■まあ、ほとんどいないとは思うけど(ライアン・ゴズリングのファンの人はいるかも)、これから最初に『ブレードランナー2049』を観るつもりの人は、絶対前作を観てから行ってください。そうしないと訳分かんないと思うから。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ナラタージュ [映画]

NARA9 (1).jpg

■2017/10/14鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年86本目の邦画32本目。

■例によって劇場でのポスターとは違う写真ですね。探しましたけど。いい加減ジャニーズ事務所も、自社タレントのデジタル映像を許可しないという姿勢を止めた方がいいと思いますけど。だって損してるんだからね。

■さてさて、行定勲監督の作品を観るのは三島由紀夫の傑作の映画化『春の海』以来です。好きな監督さんなんですが、最近観る機会が少ない。まあ正直言うと、有村架純がヒット作の朝ドラ『ひよっこ』以降、初のエロ役を演じるという報道に釣られたというのがあります。というよりそれが一番大きな動機だよ! いい年こいてゲスな自分が本当に恥ずかしい。

■原作は島本理生の同名小説。未読。ざっくりあらすじ。大学二年の泉(有村架純)は高校で孤立していた時に、教師・葉山(松本潤)に誘われ演劇部に所属することになった。その縁で母校の演劇部の公演に参加することになったが、封印していた葉山への思いが燃え上がることになる。しかし葉山は妻帯者だった。同じく演劇部の公演に参加していた大学生の小野(坂口健太郎)は、泉に恋をして交際することになるが。

■不倫の話です。オレは最近、正直言って芸能人や政治家の不倫のニュースにかなりうんざりしている。まだ芸能人のファンが「抱いていたイメージを裏切られた」ということで失望するのは理解できなくもないが、実際に文句を言う権利があるのは、当事者とその家族、せいぜい仕事で契約関係の人々だけだ。政治家なんて、もっと言えば仕事さえちゃんとしてくれていたら、オレ的には法に触れない限り、不倫しようが何しようがどうでもいい。現代でギャンギャン芸能人や政治家の不倫を騒ぎ立てる人たちは、これが別に違法行為ではないということを忘れているのだろうか? もちろん戦前には「姦通罪」という、男女不平等にも程がある罪名があったのだけど。

■じゃ、この映画が美しい不倫の話かというとそうでもない。葉山は妻・美雪(市川実日子)が心を病んで放火した事実に心を痛め、どこかに拠り所を求めていた。泉は安定を求めて小野と交際しつつ、本当に好きな葉山に呼ばれるとそちらを向いてしまう。オレの心が汚れているのか、登場人物がみんなゲスにしか見えませんでした。

■俳優陣のゲス演技は素晴らしい。ただ逃避しているだけなのに泉と関係を持ってしまう葉山(松本潤)のエロ眼鏡高校教師ぶり。途中で嫉妬に狂い、もはや変態の域に達してしまった小野(坂口健太郎)。そして清らかなふりをして中で男を天秤にかけている泉(有村架純)。まあ、みんなゲスです。

■行定勲監督の狙いとしては成功なのかな。監督がこの映画を撮った時のモチーフは、本編にも映像が挟まれる成瀬巳喜男監督の不倫映画『浮雲』らしいので。

■オレと同様ゲスな男性の方々が知りたいのが、「有村架純の濡れ場はどんだけエロいのか」というところだと思うけど、全然大したことありません。R指定がないので察していただけるとは思うけど。

■お薦めかどうかと聞かれると、もちろん不倫を否定してる訳ではないのですが、あんまりお薦めでもないです。このストーリーで上映時間140分というのは明らかに長すぎるし。30分カットでちょうどいいくらい。ただ、有村架純の同級生役の、映画好きの人は知ってる駒木根隆介が教師役の松潤よりも実年齢は2歳上、というのは面白いけどね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画