So-net無料ブログ作成

氷菓 [映画]

73d5e1d22cd925c8 (1).jpg

■2017/11/3鑑賞@チネチッタ。今年97本目の邦画37本目。米澤穂信さんというミステリー作家の同名作を映画化したものらしいけど、未読。まあ興味は、広瀬姉妹の姉広瀬アリス、そして映画出すぎだろの山崎賢人のW主演にあった訳ですけど。

■高校に進学した折木奉太郎(山崎賢人)は、現在海外在住の姉の命令で、無理矢理「古典部」なる部活に入部させられる。そこにはなぜかお嬢様の千反田える(広瀬アリス)も入部してきた。実はえるの入部の目的は、昔この高校に在学していた叔父・関谷純(本郷奏多)に関わるものだった。その謎を解くために、奉太郎は旧友の里志(岡山天音)や、毒舌少女・摩耶花(小島藤子)と協力して謎を解こうとするが。

■キャスティングはそんなに悪くない。山崎賢人・広瀬アリス(ともに23歳)が高校一年生に見えるかどうかは別にして、今邦画で面白い作品に出ている岡山天音や、『ひよっこ』で存在感を示した小島藤子とかね。あ、二人とも『ひよっこ』組でしたね。

■しかしコケた、らしい。人気俳優を揃えて公開週のトップテンにランクインしなかったのは、まあ惨敗だろう。その理由には前述の「広瀬アリスがとても高校一年生には見えない」というのもあると思うけど。一番問題なのは題材である。この映画の舞台は現代かと思ったが、確認したら2003年だった。14年前。そしてこの映画における解き明かすべき事件は、これより遡ること33年前、学生運動が盛んだった頃の叔父・純の話なのだ。

■50半ばのオッサンのオレも、生きてはいたけど体感はしてなかった時代の話を、この映画のメインターゲットであろう10〜20代の観客がすっと入れるはずはない。企画の失敗だと思う。この映画の監督の安里麻里さんの作品は初見だけど、おそらく持ち込まれた企画なんだろうな。山崎賢人も広瀬アリスも、お気の毒です。

■ところがこの原作のシリーズは累計230万部超の人気作で、アニメ化もされてヒットしているらしい。その実績もあって制作のKADOKAWAはシリーズ化を目論んだのだろうが、初回がこのコケかたでは無理だと思う。やはりラノベファン=アニメファンと実写ファンは似て非なるものなのだろうか。

■おまけ。この映画を観た時にFBに「広瀬姉は映画作品には恵まれてないな」というコメントを付けたのだが、知人の先輩から「わたくしの映画に出ております」と言われて確認したらそうだった。ぎゃ。言っておきますが先輩のその映画は良作でした。全然責めてません。ちょっとここで書くのは恐れ多いのですが、まあ検索すればどの映画なのかは分かるかなと思います。

■まあでも、そんな暇な人いないか。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

マイティ・ソー バトルロイヤル [映画]

e8486621f4e8cd84 (1).jpg

■2017/11/3鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年96本目の洋画60本目。

■『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)の一環。本編ではまあまあ脇役なマイティ・ソーが主役の映画。MCUにまあまあ騙されているオレのようなバカな観客が行くような映画。でも結構面白かったのだ。

■まあざっくり言うと、家族内の争いの話。父オーディン(アンソニー・ホプキンス)が亡くなったので、ソー(クリス・ヘムスワース)との間に姉・ヘラ(ケイト・ブランシェット)と弟ロキ(トム・ヒドルストン)で主導権をめぐる争いということです。

■でも結構面白かったです。MCUの前作『スパイダーマン ホームカミング』に続く軽さ。そろそろ重い宿命を負ったヒーローの描写、に日米問わずアメコミファンの観客に飽きられてしまったのかね。

■快作だと思う。そして本筋にはあまり絡んでこなかった『ドクター・ストレンジ』の主人公のベネディクト・カンバーバッチを無理矢理(?)登場させたマーベルの商魂には頭が下がります。

■なお原題は『Thor: Ragnarok』。ラグナロクは「終末の日」とでも訳せばいいのか。別にこのままのカタカナのサブタイでいいと思うのだが、別のカタカナの『バトルロイヤル』という日本版サブタイに変更になった。大人の事情なんかな。

■でも面白いよ。遅筆でほぼレンタルになるのは申し訳ありません。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画