So-net無料ブログ作成

犬猿 [映画]

59bb1de913eee3a1 (1).jpg

■2018/2/12鑑賞@109シネマズ川崎。今年12本目の邦画6本目。

■この映画は、以前観て面白かった『ヒメアノ〜ル』の吉田恵輔監督作品なので気にはなっていたが、観るかどうかはちと考えてはいた。しかしそこで地元の立ち飲み屋での飲み友達の某嬢が「面白かったですよ!」とリコメンドしてきた訳です。まあでもこの方、まあまあバッドエンドに近い『彼女がその名を知らない鳥たち』とかも好きで、映画好きというのは分かるけどどんだけバッドエンドが好きなんだ。とは言え、人のお薦め映画は大部分は観る価値があるので観てみた。

■いろいろ問題を起こしてきた前科者の兄・卓司(新井浩文)は出所後すぐに、印刷会社で真面目に働く弟・和成(窪田正孝)を頼ってきた。親の借金を地道に返す和成は、卓司の存在が煙たい。取引先の小さな印刷工場の主・由利亜(江上敬子)は、和成に好意を持っていて、無理な注文にも出来る限り応対してきた。しかし和成は、家業を手伝いつつあまり売れないグラドルをやっている妹・真子(筧美和子)と交際するようになる。卓司は怪しい商売に手を染め、親の借金を返して勢いに乗るが。

■まあまあ全員ゲスなんだけど、確かに面白かった。予定調和ではないエンディングも良かった。まあ、こんな映画ばかりだとメンタル疲れるけどね。良作。某嬢も嗅覚は凄いのかなと思ったり思わなかったり。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

パディントン2 [映画]

2aa43f36a2abe5d2 (1).jpg

■2018/2/11鑑賞@チネチッタ。今年11本目の洋画6本目。

■前作未見だけど、別の筋での複数の友人から「面白かった」という意見があったので、観てみることにした。さすがに1作目を見ないのはどうかと思ったので、アマゾンプライムで無料で見た。ビバネット。結果、一作目が面白かったので安心して映画館に。

■一作目で南米ペルーから出てきたクマのパディントンは、ロンドンでブラウン家の世話になり快適な日々を過ごしている。アンティークショップで、叔母さんの100歳の誕生日の記念として見つけた「飛び出す絵本」を贈ろうとしてパディントンは仕事に励むが、ある日その絵本が店から盗まれる。パディントンはなんと犯人とされて服役することになるが、実は真犯人は近所に住む落ち目の俳優・ブキャナン(ヒュー・グラント)だった。パディントンは、家族や刑務所の仲間と協力しながら真相を突き止めるのに動き出す。

■まあまあネタバレで申し訳ありませんが、とても面白かった。ナメててすいません。基本ファンタジー色の強い映画なんだけど、アクションシーンも適度に挟まれて、特にブラウン家の母であるメアリー・ブラウン(サリー・ホーキンス)は、『シェイプ・オブ・ウォーター』での好演も示すとおり、体を張った演技が素晴らしかった。

■まあでも、レンタルで楽しんでもらってちょうどかもね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

マンハント [映画]

992bd0c911c1ae4f.jpg

■あまりにブログを書かなさすぎて、観た映画のストックを考えると卒倒しそうになる。2018/2/10鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年10本目の外国映画5本目。

■原作は西村寿行の小説『君よ憤怒の河を渉れ』。高倉健主演で佐藤純彌監督により映画化もされヒットした。北京でも公開され、その時の中国版のタイトルが『追補』で、今回も中国語の原題は同じ。その英訳としてタイトルが『マンハント』になった模様。

■原作小説及び最初の映画化は、あくまで日本人による日本国内の映画になっている。それが今作では中国人のジョン・ウー監督であることと、中国資本が入っている映画ということもあって、主人公の高倉健が今作では日本で活動する中国人弁護士、ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)に替わっている。原作小説及び最初の映画化のあらすじは、検索すればいくらでも出てくるので、興味のある方はそのへんでよろしく。このエントリはこの映画についてのみ述べる。

■ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)は、酒井社長(國村隼)率いる日本の製薬大手・天神製薬の顧問弁護士として活動していたが、天神製薬のパーティの翌朝、自分の脇に社長秘書の希子(TAO)が死体になっていた。身に覚えのないチウは現場から逃げるが、大阪府警の敏腕刑事矢村(福山雅治)は部下の里香(桜庭ななみ)とともに事件を追いかける。当初はチウを犯人と信じ追いかけていた矢村だが、途中から真犯人は別にいるという思いを確信して、チウと行動を共にするようになる。

■以降はネタバレになるので止めますが(とっくに公開終わってるのに何言ってんだ)、さすがジョン・ウーという感じ。大阪を舞台にしたアクションは凄まじかったし、例によって鳩も飛んでいた(笑)。一応W主演という形にはなっているけど、話的にはチャン・ハンユー(初見の俳優さんでした。すいません)があくまで主演で、福山雅治は脇役だったのはいいと思った。やってない訳じゃないけど、福山雅治も俳優業で生きていくなら、もっと脇役もやればいいのに。織田裕二と木村拓哉は言わずもがな。

■オレ的には面白かったんだけど、B先輩の評価は厳しかったし、実際興収もまあまあコケたらしい。もはや福山雅治でも集客できないかと。

■でもまあまあ面白いので、良ければレンタルで。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画