So-net無料ブログ作成

曇天に笑う [映画]

e3ace9ad1f9b3176 (1).jpg

■2018/3/21鑑賞@TOHOシネマズ川崎。今年22本目の邦画9本目。

■本広克行の前作『亜人』がかなり面白かったので、若干の期待を持って観に行った。でも実は、『亜人』の方はこの映画より後に撮影されたらしい。昨秋公開なんだけど大人の事情かね。あと、『バクマン。』以来のサカナクション担当の劇伴にも興味があった。

■原作は唐々煙さんの同名漫画。唐々煙さんも全く知らないし当然未読。そりゃ世の中にはオレが知っていることより知らないことの方が断然多いわけで別にいいけど。ただ予告編で、「『るろうに剣心』や『銀魂』と同じ時代に別の男がいた」(大意)ってのは、いくら何でも人のふんどしで相撲取り過ぎだろう感。仮にも日本映画実写歴代興収1位の監督さんだぞ。

■明治時代初期の日本(それで『るろ剣』や『銀魂』の例えが出た訳で)大津。300年に一度よみがえり、人間に災いをもたらすという大蛇(オロチ)が復活する年。曇神社を継ぐ曇家(くもうけ)の長男・曇天火(福士蒼汰)、次男・空丸(中山優馬)、三男・宙太郎の三兄弟は、大蛇を封じるため立ち上がる。明治政府右大臣・岩倉具視(東山紀之)の直属部隊「犲」も、リーダー格の安倍蒼世(古川雄輝)の元で違った方法で大蛇の力を封印しようと動き出す。天火と安倍の間には昔の因縁があった。

■率直な感想をいうと、「この映画、必要?」って感じでした。アニメとかもメディアミックスでヒットしたらしいけど、案の定映画はコケて、公開週でもトップ10に入らなかった惨敗でした。もちろんオレが好きな映画でも公開週にトップ10に入らない映画は山のようにあるけど、それだけではない。主演級3人(上記)の演技がペナペナ過ぎる、っていうか正直言ってヘタクソ。プロデューサーもよくこれで映画が成立すると踏んだもんだ。

■本広克行は大ヒットもハズレもある監督さんだけど、フィルモグラフィ史上最大の失敗作だと思う。これはアカン。

■各俳優さんのファンの方には厳しすぎる感想だと思うので、お詫び申し上げます。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

リメンバー・ミー [映画]

3657bc643dc71ac5.jpg

■2018/3/17鑑賞@チネチッタ。今年21本目の洋画13本目。こちらは日本でも大ヒットしているので、公開から1ヶ月以上経った現在でもバリバリ上映中です。アカデミー賞長編アニメーション賞と、主題歌賞も受賞。

■最近のディズニーアニメは、新作短編も併映する傾向。今作の併映は『アナと雪の女王/家族の思い出』。雪だるまのオラフが主人公なのだが、これがツボにはまって結構良かった。しかし『アナと雪の女王』の熱烈なファンには不満が渦巻いているという話も。なんでだろうなあ。結構心温まる佳品なんだけどね。オレがズレてんのかな。

■本編の話。メキシコには「死者の日」という祭日(?)があり、それは『007/スペクター』での冒頭にも使われていたので知識としてはあった。ま、メキシコには行ったことはないし、おそらく死ぬまで行く機会はないと思うけどね。靴屋に生まれた少年ミゲルは、大の音楽好きだが、曾祖母のママ・イメルダの夫が音楽に取り憑かれ出奔したことで、家庭内で音楽は厳禁とされていた。だがミゲルは自室で、こっそりギターの練習を積んでいた。

■死者の日の当日、ミゲルは街中で開催される音楽コンテストに参加しようとするが、それを見た祖母エレナにギターを壊され、演奏できなくなる。ミゲルは敬愛するメキシコの伝説的ミュージシャン、エルネスト・デラクルスの霊廟に忍び込み、エルネストのギターを手にするが、弾いた瞬間に「死者の国」に飛ばされてしまう。

■生きている人間は朝日が昇ると死者の国から出られなくなる、そのためには死者の国にいる祖先に許しを乞うしかない。デラクルスこそが自分の曽祖父と信じているミゲルは、デラクルス主催のパーティに何とか紛れ込もうとするが。

■死後の世界をテーマとした映画で、何だかとても宗教色が強い。大部分の人が実質的に無宗教である日本では、イマイチインパクトがないかも知れないが、映画は大ヒットしてるのでまあOKかもね。観客の中のかなりの比率に子供がいると思うが、情操教育(何かイヤな言葉だけど)には大いにいいと思う。

■もちろん、映画自体もとても面白いので大丈夫です。しかしこの時点でメキシコを舞台にした映画を造るとは、ディズニーもまあまあトランプ政権にケンカを売ってんのかなとも。日本でも大手製作会社のに見習って欲しいところ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画