So-net無料ブログ作成

マンマ・ミーア! ヒア・ウイ・ゴー [映画]

d3cfec82763f5823 (1).jpg

■2018/8/26鑑賞@TOHOシネマズ川崎。2018年72本目の鑑賞で洋画39本目。

■アバの「ダンシング・クイーン」が大流行したときのオレは中2。が実は、オレはそれ以前にスウェーデンのヴィキャンデルさんという女の子と文通しており、その子が手紙にアバの切り抜きを入れて送ってくれたので、実は先に知っていた。だからなんだ。それ以降、他の音楽と併せずっと聴いてきたのだが、この映画の前作『マンマ・ミーア!』(2008年)はなぜか未見。まあでも何とかなるかと思って観に行ったらだいたい何とかなった。しかし『インクレディブル・ファミリー』といい、10年以上間を開けて制作するのって流行ってるの? しかもこちらは実写版。豪華キャストがほぼそのまんま、っていうのもびっくりしたけどね。なお、鑑賞後アマゾン・プライムで前作も見ましたよ。

■ギリシャのとある島。亡き母・ドナ(メリル・ストリープ)の後を継いだソフィ(アマンダ・セイフライド)はホテルのリニューアルオープンの準備に忙殺されていた。招待状は3人の「父」(ビアーズ・ブロズナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルド)にも送られている。途中、若き日のドナ(リリー・ジェームズ)が大学を出てから、いかにしてこの島にたどり着いたかが語られる。

■ま、ミュージカルなんであらすじはそんなに重要ではない。アバの幾多の名曲によって彩られる、美しい地中海を背景とした、素敵なダンス・シーン。オレは子供のころからこういう映像を待っていたのか、と錯覚したくらい感激した。知らない曲がまったくないし。

■そして豪華すぎるキャスト。上記の他にアンディ・ガルシア、シェールなど。アマンダ・セイフライドはオレは『レ・ミゼラブル』で知ったのだが、1作めはレミゼの前だったのね。なるほど。

■お薦め。前作もだけど、今作もアマゾン・プライムで見れますよ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

検察側の罪人 [映画]

b670a8a15a17f429 (1).jpg

■2018/8/25鑑賞@TOHOシネマズ川崎。2018年71本目の鑑賞で邦画33本目。

■原田眞人監督作品を観るのはまあまあ久しぶり。苦手な監督ではないが、特に好きな監督という訳でもない。原作は雫井脩介の同名小説。未読。

■強盗殺人事件の被疑者として、過去に別の事件の被疑者とされたが嫌疑不十分で起訴されなかった男・松倉(酒向芳)の名前が上がる。その過去の事件に拘りを持つ東京地検のエリート検事・最上(木村拓哉)は松倉を真犯人と睨み、常軌を逸しかねない手法で追い詰めていく。刑事部に配属されたばかりの若手検事・沖野(二宮和也)は最上に心酔しており追従するが、徐々に最上の手法に疑いを抱き始める。

■見応えのある映画です。本筋の他にも「某大手ビジネスホテルチェーンのオーナーからの圧力」などの時事ネタを盛り込んでいて飽きさせないし、まさかのエンディングにも驚く。たとえ公開から1年以上経っていてもネタバレするべきではないし、知人で本編を観た人でも気づかなかった人もいるくらい。

■あとはジャニーズのエース・キムタクとニノの演技合戦ですが、正直言ってニノによるキムタクの公開処刑な感じが。実際ニノはこの映画で日本アカデミー優秀助演男優賞を受賞してますが、キムタクはノミネートされてません。もっとも、以前別の映画でキムタクがノミネートされそうになった時に、当時のジャニーズ事務所が「個人への賞は辞退する」とした経緯もあったけどね。

■2019年9月にこれを書いてますが、嵐は活動休止予定ということで、おそらくニノは役者主体でやっていくのではないかと思います。期待できる。キムタクは今後、脇役も積極的にやっていかないと厳しいかな。

■レンタルは始まってますが、動画配信サイトでは流れてないようです。やっぱりジャニーズだからかな?


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

銀魂2 掟は破るためにこそある [映画]

691fa499eac3befb (1).jpg

■2018/8/20鑑賞@109シネマズ川崎。2018年70本目の鑑賞で邦画32本目。

■深夜ドラマの帝王(『勇者ヨシヒコ』シリーズとか)として、ドラマ好きにはその名を知られていた福田雄一監督だけど、この映画の前作『銀魂』が商業的に初めて成功した作品と言われている。もちろんそれまでも『HK/変態仮面』とかの面白い作品も出していた訳だけど。それ以降の福田監督は飛ぶ鳥を落とす勢いで、『斉木楠雄のΨ難』『50回目のファーストキス』などのヒット作を連発。ついには2018年の秋ドラマ『今日から俺は!』もヒットさせてしまった(この映画よりあとの話だけど)。

■続編なんだけど、完結したらしい原作漫画(未読)が大長編らしいので、また別のエピソードが原案になっているようです。万事屋の坂田銀時(小栗旬)とその弟子(?)新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)を中心に、福田組のムロツヨシ、佐藤二朗に加え、長澤まさみ、柳楽優弥、三浦春馬、吉沢亮、中村勘九郎などなど、無駄ではないかと思うくらいの豪華キャスト。大河ドラマの主演やら朝ドラでブレイクしたイケメン俳優まで入っとるやんけ!(注:書いているのは2019年9月です)

■真選組局長(中村勘九郎)の暗殺計画と、高杉(堂本剛)率いる鬼兵隊の幕府転覆計画に対し、銀時たちはどう立ち向かうか、という話。前作が大ヒットしたので予算もおそらく増えており、アクションもVFXもスケールアップしていて、面白いことは面白いんです。

■ただ福田監督の悪い癖というか、パロディやおふざけの比重が前作より高すぎて、全体としてのバランスが崩れている気がする。そりゃまあ『踊る大捜査線』のエンディングのパロディとかは大笑いしたんだけど。

■ちょっと今後はバランスに配慮してくれればいいと思う。でも『今日から俺は!』みたいな8割おふざけも面白かったりするので、困ったもんだ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

インクレディブル・ファミリー [映画]

42023f57157d2c21 (1).jpg

■2018/8/12鑑賞@109シネマズ川崎。2018年69本目の鑑賞で洋画38本目。

■ちょっと前までは、最初の作品を観てないのに続編は観ない、というスタンスだったのだが、加齢(?)によりだんだん雑になってきた。まあ、面白ければ配信やレンタルで遡ればいいやという話。ここ数年では『トランスフォーマー 最後の騎士王』『ワイルド・スピード ICE BREAK』『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』などなど。要は見返せばいいだけで、いい年をして若干自由な視点を得た気がする。

■というわけで、この映画2004年(14年前!)の『Mr.インクレディブル』の続編です。一家5人が全て超能力を持つパー一家。前作で敵を倒すために八面六臂のヒーロー的な活躍をしたが、結果として街の建造物をかなり壊したため、政府からスーパーヒーロー的な活躍を禁止される。妻ヘレンが仕事に出るため、主夫として家事と子供の面倒に四苦八苦する主人公ボブ。しかし新たな脅威が彼らに迫っていた。

■世界での自分の立場に思い悩むスーパーヒーローって、まるでMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)だが、あちらもディズニーなんで当然といえば当然。主夫ネタも取り込んで現代風にブラッシュアップしたところもあるかな。

■そんなことを考えなくても、娯楽作品として十二分に面白い。まあ、ディズニーのアニメをみてハズレだったことはまずないのだが。上映時間いっぱいハラハラドキドキできるのは保証します。順番は逆だけど、前作も見てみたら面白かったので、併せてお薦めです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画