So-net無料ブログ作成

密やかな結晶@東京芸術劇場 [舞台]

IMG_3498.jpg

■やっと2月入りか。2018/2/2鑑賞@東京芸術劇場プレイホール。こちらはほぼ5年前に三谷幸喜の舞台で、天海祐希の病気による途中降板で話題になった『おのれナポレオン』以来でございます。相も変わらず池袋西口公園(IWGP)に面しておりますが、ドラマのような殺伐感はもちろんありません。あと、今年舞台一本目ですが、次回鑑賞の予定は今のところないです。チケ代高いしメジャーどころは取りづらいし。例年通り2本くらいかな。

■ただ最近気づいたのですが、人気舞台でも初日は比較的取りやすいかと。濃い演劇ファンは、まだ練習量が足りてないキャストが初日で噛んだりするのが嫌らしい。オレも実体験した。黒木華の初日の舞台『書く女』とか。もちろん保証はしませんが、気に留めて置かれるといいことあるかも。

■原作は芥川賞作家・小川洋子さんの同名小説。芥川賞受賞作『妊娠カレンダー』、佐野元春の楽曲タイトルをモチーフにした『アンジェリーナ』、そしておそらく小川さん的にいちばん有名で、映画化もされた『博士の愛した数式』くらいを読んだことがある程度で、決して熱心な読者ではない。小川さんは62年生まれということらしいので、ほぼ同年代。石原さとみ自らが舞台化を熱望したという今作も小説が原作なのだけど、オレが読んだことがある作品群とはずいぶん風向きが異なる。

■さて、鑑賞目的と言えばもちろん石原さとみです。好きな女優さんの一人ですが、今まで生で拝見したことがない(映画での舞台挨拶も含め)。生活維持費の高い都区内にせっかく住んでるんだから観れるものは観ておこうという発想。

■脚本・演出は鄭義信さん。主に舞台の演出をされてる方らしいが、不勉強ゆえ未見。調べてみたら、岸谷五朗主演の映画『月はどっちに出ている』の脚本を崔洋一監督と共同で手掛けた方らしい。この映画は観たぞ。ルビー・モレノも出てた。ルビー・モレノ、今どうしてんのかなあ。ドラマ『愛という名のもとに』にも出てたな。

■閑話休題。とある島にいる小説家(石原さとみ)。その島では「消滅」が起こる。香水や鳥など様々なものが「消滅」していった。「消滅」が起こると、島民はその痕跡を消去し始める。 同時にそれにまつわる記憶も減退していく。小説家は、「おじいさん」と呼ばれる若い男(村上虹郎)と共に暮らし、時折担当編集者のR氏(鈴木浩介)との打ち合わせをする平凡な日々。しかし、秘密警察のヘッド(山内圭哉)が率いるチームは、例外的にいる「レコードキーパー」と呼ばれる記憶保持者に対する弾圧を強めている。小説家の母は秘密警察に拘束された後、亡くなっていた。実はR氏がレコードキーパーであることを知る小説家は、R氏を庇護することにするが。

■小川洋子さん、SFも書くんですねというのが最初の感想。まあまあファンタジーではあるけど。石原さとみは過密スケジュールの中でも声がちゃんと通っていて、いつ寝てるんだろうというくらい良かった。しかも幸運なことに、席が前から6列目でその可憐さを堪能できた。時折話の筋を忘れそうになるくらい。ウソです。

■鈴木浩介はもともと劇団出身ということもあり、芝居は凄かった。村上虹郎は、村上淳とUAのご子息で、最近映画やドラマでもグイグイ出てきていてその妖しい存在感に注目していたのだけれど、生ではそれはいまひとつ発揮されてなかったように感じる。これは単純に場数が足りないかなとも。

■前述以外は、まあまあ脇役のベンガルさん以外は知ってる俳優さんはいなかった。ホリプロ製作なので、これから売り出す俳優さんを登用したんだろうが。話は面白かったけど、山内圭哉率いる秘密警察のダンスシーンとかが無駄で、本当に必要だった?の疑惑も。

■満足できる舞台ではありました。石原さとみがメチャいいし、このためにドラマ『アンナチュラル』は、業界人の先輩たちによると、昨年中に撮り終えていたようだし。そりゃそうだよな。ただ、この舞台、東京上演は2/25までです。毎度遅筆で大変申し訳ございません。ただこれから地方公演は3月後半までやっているようなので。見れる環境の方は是非。石原さとみは鬼可愛いですよ。いかん、これではまるで舞台を褒めていないようではないか。

nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント