So-net無料ブログ作成

Q10 [ドラマ]

o0450031810896666755.jpg

■久々にhuluで見たのだが、自分のブログにエントリが残っているのを忘れていた。もともと2010/11/07に投稿したエントリなのだが、以下全面改稿。

■脚本は『すいか』『セクシーボイスアンドロボ』の木皿泉さん。「木皿泉」というのはペンネームで実際は夫婦のユニット。主に日テレで良作(後は『野ブタ。をプロデュース』とかね)を連発されてるが、旦那さんの方が病気持ちということでどちらかというと寡作。

■舞台は高校で、主役が若手イケメンの佐藤健(当時同時期に『龍馬伝』の人斬り以蔵を演じ人気沸騰だったかと)とAKB48の前田敦子なので、視聴率爆発と行きそうだったのだがまあ普通だったみたい。

■心臓に持病を持つが平凡な高校生平太(佐藤健)が、なんやかんやあって謎のロボットQ10(前田敦子)の面倒を見させられる様になる話。でも、Q10は未来から送り込まれたのだった。

■基本的にはファンタジーの話。SF的な要素はありながら小理屈は一切語られてないし。でも脚本が面白くて深い。が、今現在理解能力が下がっている若い人には何のことだかわからないという恐れが多分にあること。以前、映画『パーマネント野ばら』の話を先輩と飲みながらしたときに、先輩の後輩で「オチがわかんなかった」というやつがいたとのこと。嗚呼。一応代理店系の人間なのになあ。

■キャストも芝居もいいんだよな。佐藤健・前田敦子(は演技力はともかくロボット役なので)、サブの賀来賢人、高畑充希は、現在と前の朝ドラのキャストである。この二人も大変よろしい。高畑充希を初めて認識したのはこのドラマでした。そして今売り出し中の俳優、池松壮亮も出てたんだよなこのドラマ。見返して初めて気づいた。しかも主題歌が高橋優だよ!いや気付かなかったなあ。

■高校生の話なのに挿入歌がやたら古い。『戦争を知らない子供たち』『風』『さらば恋人』など。木皿さんは確信犯的にやってると思うし、ドラマのストーリーと相まってすごく良かった。でもまあ、視聴率的には大したことはなかった訳で、木皿さん世代(だいたいオレより一回り上)やオレ世代と今の高校生が感じるのはたぶん違うということなんだろう。リアリティがなく、おっさん世代のイメージする高校生の話と思われるかもしれない。でも、エンディングも含めてすごく切なくて泣けるのです。

■でも、脚本・演出ともに素晴らしかった。個人的にはこの5年間で見た日本のTVドラマでは最高だと思う。huluで見れるし、レンタルもそんなに多くはないだろうがあると思うので、興味を持った方は是非。損はさせません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0