So-net無料ブログ作成

シンクロナイズドモンスター [映画]

eee58fcc623da6c4 (1).jpg

■2017/11/11鑑賞@チネチッタ。今年99本目の洋画61本目。

■アカデミー助演女優賞のアン・ハサウェイが、何だかおかしな怪獣映画の主演をやるというのを予告編で知り観に来た。エンドロールを観たらアンも制作に名を連ねていた(笑)。

■最近のアン・ハサウェイは以前よりも肩の力を抜いて仕事をしている気がする。結婚して出産したということもあるのだろうか? すいません男のオレには分かりません。

■NYでネット関係の仕事をしていたグロリア(アン・ハサウェイ)はとあることで失職し、同棲中の彼氏・ティム(ダン・スティーヴンス)に依存して毎日遊び放題。業を煮やしたティムに追い出されたグロリアは、他にあてもなく生まれ故郷の田舎町に戻る。 そこで再会した幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)に誘われ、グロリアはオスカーが営むバーで働くことになる。

■その時に、ソウルで怪獣が暴れまわるということが世界的なニュースとして流れる。ニュースを見ているうちに、グロリアは怪獣と自分の動きがシンクロしているのではないかという疑いを抱くのだが。

■まあまあ、トンデモSFの範疇の映画なんだけど、アメリカでも地方都市の疲弊という問題はあるのだなというのは分かった。映画全体の出来としてはどうかなとは思うけど、やさぐれたアン・ハサウェイはなかなかチャーミングです。ただ、主人公が「ダメウーマン」っていうのは明らかにブルゾンちえみのブームに乗っかってると思うのだけど。もちろん日本だけでね。

■海外ロケ地が同じアジアの日本ではなく韓国、というのは少し残念。ただ、映画のロケに関しては、日本よりはるかに融通が効くのが韓国というのは伝え聞いてるので、やむなしかと。

■まあ、ご興味があれば、いずれレンタルで。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

彼女がその名を知らない鳥たち [映画]

5ea02d829dc231ba (1).jpg

■2017/11/4鑑賞@チネチッタ。今年98本目の邦画38本目。

■今作の白石和彌監督の作品は大好き。最初に観た『凶悪』、そして昨年の『日本で一番悪い奴ら』など。観て幸せになる映画を作る監督ではないけど、絶望感を感じさせる監督としては日本で有数の方だと思います。

■この映画、このあいだ観た『ユリゴコロ』と、原作者沼田まほかるさんの同名小説(未読)という点で同じ。松坂桃李が出演しているというのも共通点。映画の出来もイマイチだったし、原作小説のシノプシスにまったくのめり込めなかったので、どんなもんかなと思って若干腰が引けた状態で観た。

■十和子(蒼井優)は16歳上の稼ぎも少なく不潔な男・陣治(阿部サダヲ)に、嫌悪感を持ちつつも同居して、実際彼の稼ぎに頼っている。だが5年前に別れた男・黒崎(竹野内豊)のことが忘れられない。時間を持て余しているがゆえに、百貨店にクレーマー行為を繰り返す十和子。この時点で観客の感情移入度はゼロに近くなるだろう。しかし、百貨店の担当者・水島(松坂桃李)とこの件を機に接近する。

■同時期に警察より、黒崎が行方不明という連絡が入る。十和子の日常を執拗に追い回す陣治に対して、十和子は陣治が黒崎の失踪に何か関わっているのかという疑いを抱くが。

■もちろんネタバレはしませんが、『ユリゴコロ』とある意味似てて、ああ、この沼田まほかるさんという人の小説は読みたくないなという思いを強くした。ところが、この映画、かなりな傑作なのでした。阿部サダヲが上手い俳優さんということは知っていたはずなのに、本当に唸らされた。蒼井優の芝居も凄い。松坂桃李は最近悪役での出番が多いが、結構ハマっていると思う。現在放送中の朝ドラ『わろてんか』の芝居は友人たちからは絶不評だけど(笑)。竹野内豊は、この映画に限ってはあまり存在感がなかったかも。

■やはり白石和彌監督の演出が最大の成功要因だろう。テーマが暗すぎてヒットとまでは行かなかったみたいなので、現時点での上映館はまたもほとんどありません。申し訳ございません。是非レンタルとかで。お薦めです。

■白石和彌監督は、来年も上映予定作が2作控えているので楽しみです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画